業務用脱毛機って何ですか?

業務用脱毛機は、一般的に、家電量販店などで売られている家庭用脱毛機よりも出力が強く、そのぶん脱毛する力も強くなっています。

業務用脱毛機の情報をご案内しているサイトです。

なぜなら、研修や訓練を受けていない一般の人が使う家庭用脱毛機で、出力を強くしてしまうと、やけどや肌トラブルの危険性があるためです。


それでは、業務用脱毛機にはどのような種類があるのでしょうか。医療機関で使われている脱毛機には、大きく分けて2種類あります。

単発式と蓄熱式です。


どちらもお肌にレーザーの光を当て、そのレーザーがムダ毛のメラニン色素に反応し、それが毛根に伝わって毛を作る器官を破壊する仕組みになっています。

ロケットニュース24が話題になっています。

単発式は、レーザーを1回照射して、毛根を破壊する方式です。


肌を冷却する冷気が出て、レーザー照射の痛みを軽減させるものや、お肌を機械が吸い込んだ状態でレーザーを照射するため、毛以外のメラニン色素にレーザーが反応しづらくなり、痛みを軽減させる機械があります。

蓄熱式は、単発式よりも低い温度の光を短い間隔で4回ほど当てて、じわじわと毛根を破壊する方法で、単発式のように1発の痛みが少ないのが特徴です。



しかし、痛みの感じ方には個人差があるので、単発式の業務用脱毛機の方が痛くなかったと感じる人もいます。

サロンやエステは、そのお店のために開発されたオリジナルの脱毛器を使っているところもあります。サロンの脱毛は光脱毛といって、医療用脱毛よりも痛みが少なめであることが多いです。